ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさまMerry Christmas!!
またまたなんだかよくわからん、宣伝広告の標的になってしまい、どうも
何か記事をアップしたら消えるとのことなんで年末のご挨拶を・・・
などと、偉そうに“みなさま”なんていうほど、多くの方にご覧いただいているとか
おこがましいことも思っていません(笑)

今年ももう終わろうとしてるなんて、結構おどろきです。
年末になると、なんか気分的に切ないというか・・・この1年で出会った人、
別れた人、経験したしたこと、経験しそびれたこと、来年への思いとか、
いろんなことを考えたりしますが・・・
いつまでウダウダ言うとんねん!って言われそうでもありますが、やっぱり
南部で過ごしたホリデー・シーズンのこと思い出して、ため息です。
誰か、私にポークチョップとポークチョップとポークチョップと・・・
とにかくポークチョップやねん!食わしてくれ~と叫びたい(涙)

というわけで、今年も残すところあと一週間。
いろいろお世話になりありがとうございました。
今年は、もう記事をアップさせることもないと思いますが、来年は
方向性を考えたいと思ってます(・・・多分・・・笑)






..

S・O・S BAND/JUST BE GOOD TO ME
↑今年、ビミョウに驚いたライブ映像でお別れしたいと思います(笑)


それでは、来年もどうぞよろしくお願いします。皆様、よいお年をお迎えください。


さうすばむ


スポンサーサイト
特に、なにも書く予定はなかったのですが、久しぶりに自分のブログを
見た見たら・・・なんかしら、広告が投稿されてるじゃ~ありませんか!
どうも、何かをアップしたら消えるらしいので・・・

というわけで、アタクシ、先週末は東京へ行ってまいりました。
東京駅前のライブハウス?なんていうの?COTTON CLUBへ。
あそこは、いいですね。何度か行きましたが、素晴らしい。


数年来の友人に会ってきました。
出会ったときは、年単位でつながっていられるような関係になるとは
思ってなかったので、これも何かの縁。感謝したい。
私がアメリカで、しょぼしょぼと暮らしていた頃に出会って、
方向転換に大きく協力してくれた人。
感謝してもしきれません。

毎日の生活をやり過ごすことに必死になってて、余裕がなくなった頃に
なぜか会う機会が訪れる。これも何かの縁。

あ~音楽って素晴らしい。

というわけで、とりあえず見苦しい宣伝を消すために適当な
日記を書いてみただけです。失礼しました。

おっちゃん、また会おな~!

 むっちゃ久しぶり。最近、だらだらしすぎてて、思考能力の低下が著しいです。このブログも、何度か書きかけて「やっぱしや~んぴ!」なんて思って放置し放題。まあ、それはそれでいいんであろう。趣味の域なので、出来るときにコツコツとってことで。

とある方に本をお借りして読んだ。それがこのタイトルの本。恋愛小説として読むと切なくておもしろいし、通勤電車でラストのあたりを読みながら、うるうるしたり。
Milk in My Coffee Milk in My Coffee
Eric Jerome Dickey (2000/05)
New Amer Library Trade

この商品の詳細を見る

 しかしである。この本のラスト、タイトルから察せられるように、ミルク イン コーヒーな恋愛が主題になったストーリーなのですが・・・
その中に出てきた、黒人ってどういう人のことを言うのか?ってので引き合いに出されてきた「(※)ワン・ドロップ・ルール」ってやつ。別にワン・ドロップ・ルールっていう固定観念のようなものを論じる気は全くないんですけど、そんな1滴の血のことに拠り所を感じちゃって納得するのかい!?って、なんとなく悲しくなった。
確かに、田舎出身、特にこの主人公はアメリカ南部出身の男性なので、余計にかな?昔からの“当たり前”を大事にする人が多いのはよくも悪くも事実存在する場所だよなってのはわかる。私自身、南部の片田舎で暮らしていたので、無意識な他人の意識ってのを感じることは、なきにしもあらずだったので、潜在的にそういう感覚があるのかってのは、なんとなく知っているような気がしなくもない。

そういうことに拘らず、アナタとワタシってだけでいいんじゃないの?って常々感じてきたんだけど、道は険しいんですかね?最近、身の周りの都合で日本の男性とも個人的な話をすることが以前よりも増えたんですが、私にとっては、同じ日本人だからって、必ずしも、Easy to Understand, Easy to Be Withってわけではないし、Too Hard to Understand, Too Difficult to Be Withってワケでもないって体感します。要は、合うか合わないか。お互いにとっていいか、悪いかでしょう?個人の資質やら、培ってきたものの波長が合うかってのが一番なんじゃないんですかね。 


Thanks to my big sis. I enjoyed this one so much!!! Love You!



※ワンドロップルール:1滴でも黒人の血が入っていたら黒人だとみなされるという根拠レスで意味のない通説のこと(解釈:South Bum)

sir.eryk
決して忘れてたわけではないんですけど、以前に紹介した私の大好きなヴァーチャルフレンドでMy Sir.のEryk Moore the Poetの動画がアップされたので、偶然ここに来てくれた方や、お友達の方にも是非ごらんいただきたい。これが、ポエトリー・リーディングで、Spoken Wordsなんですね~。嗚呼・・・その場で見たい。一度でいいから、生ERYK声を聴かせてください。こういうのって、絶対その場で聴いた方が、感じるよな~ってつくづく思います。いつか日本に彼や、彼のクルーが来る日まで細々と宣伝し続けていくよ(笑)
Renee' ~Eryk Moore~



Dear Sir. As always, much love and respect to you!!!


eryk2.jpg

驚きました・・・

長年連れ添ってきた、あたしのカワイコちゃん(死語)が・・・
あたしの愛するERYK MOORE号(仮名)が・・・

ついに終焉の時を迎えました(涙)

まあ、パソコンなんですけどね、悲しいじゃないですか?


名前は、とりあえず今、壁紙がERYKだったから、そう名付けただけで実際のERYKは元気(なハズ)ですけど。


というか、前にもどっかで言ったことあるんですけど、
その先日、お亡くなりになったアタシの愛機(なんかエロい・・・笑)
実は、留学前に父と弟がお金を出し合ってお餞別にって
くれた大事なマシーンちゃんだったんですよ。
それまでは、アタシは自分専用のパソコンは持ってなかったんです。
アメリカ生活では、アタシの『親友』だったかもしれないって
くらい仲良しちゃんだったので、寂しいんですけど(涙)

というわけで、今は別の家族のパソコンでこれを
書いてるんですが、しばらくのんびりとブログをアップすることも
出来なさそうな予感です。あ~あ、せっかく再スタートした
ばっかりなのに残念~!更新出来なくても忘れないで~って
言いたかっただけですけどね。

EN VOGUE / DON'T LET GO(LOVE)


That's right! I ain't ganna let you go!!!


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 JUST ANOTHER DAY, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。